バードヒアリング?

まだ、若葉らしい色合いだが、木々の葉は鳥の姿を隠すには十分な大きさに成長している。

こうなると、鳥を探すのに役立つのは目よりも耳である。

シジュウカラ、キジ、ヒバリ、オオヨシキリ、カワラヒワ、コゲラ、カイツブリ、ヒヨドリ、

種類が分からぬ鳴き声もあった。

ホオジロは木のてっぺんに止まっていたので先に姿を確認できた。

キビタキを見たかったのだが、お目当ては現れず!。

カッコーを待つ

オオヨシキリが叫ぶように鳴き、
オナガの姿もよく見かけるようになった。
モズはいつもいる。

托卵相手には不自由しないと思う。
カッコーはやってくるか?。

我が家は住宅地にあるが、
鳴き声が聞こえることはあったし、
隣の家のアンテナに止まっているのを見たこともある。

ただ、ここ何年かは姿も声も確認していない。
今年は鳴き声だけでも聞きたい。

GWはムナグロと共に

ゴールデンウィークは毎年、ムナグロを見に出かける。
空振りもよくある。

連休の前半よりも後半に見ることの方が多い。
広々とした水田地帯よりも、森や林に囲まれた狭い水田、道路に近い水田で見かけることが多い。

今年も5月5日にいつもの場所で見た。数は少なく5羽。クサシギも一羽いた。
オスの夏羽は目を見張るような鮮やかさ。写真がないのが残念なぐらい。

初めてムナグロを見たのは海岸沿いの干潟だったので、
海のない埼玉県に住むようになって、初めてムナグロを見たときは驚いた。
今ではムナグロを見ることがゴールデンウィークの行事である。

秋の渡りの時期に見かけたことはまだない。
春と秋では渡りのルートが違うのだろうか。

チュウサギとコチドリ

水を張っていない田んぼの方が張っている田んぼよりもまだ多い、

そんな感じの季節になった。

水田にシラサギを見かけ、双眼鏡で確認すると2羽がチュウサギだった。

ピピッという声とともに飛んで来た小鳥を視界に入れると

コチドリだった。

しばらく待ったが一羽しか現れなかった。