サギのコロニーだった。

昨日見つけたサギのコロニーらしき場所に再度、出かけてみた。

アオサギもいて、巣の数も10個近かった。

抱卵中の親鳥もいるし、ずっと小さな鳴き声がするので観察を続けていたら、孵化しているヒナも確認できた。

ちなみに以前にもサギのコロニーを観察したことがあります。
そのコロニーはチュウサギ・コサギ・ゴイサギが多数派でダイサギはごく少数。アオサギはゼロ。ピーク時は成鳥の数だけで200羽近くいたように記憶しています。以前、観察したコロニーは今回よりも樹高が低い木々を使用していて、低位置から高位置まで木全体に巣がありました。今回、見つけたコロニーは高い松の木の樹頭部分にだけ巣があります。二つのコロニーの相違点を考えるだけで、楽しくなります。

今後の観察情報はツイッターを使って、こちらで報告します。
http://ikimono-data.org/

胸にV字のカシラダカ

今年はまだカシラダカを見ていない、そう思いつつ、鳥見に出かけた。ケヤキの大木の真ん中あたりの枝の先に小鳥が。双眼鏡で見ると、胸というか首元にV字の模様があり、頭頂部はとがっていた。カシラダカだ。2羽いた。もう一羽は全体に色が薄かったように感じた。念ずれば見れる?。