GWはムナグロと共に

ゴールデンウィークは毎年、ムナグロを見に出かける。
空振りもよくある。

連休の前半よりも後半に見ることの方が多い。
広々とした水田地帯よりも、森や林に囲まれた狭い水田、道路に近い水田で見かけることが多い。

今年も5月5日にいつもの場所で見た。数は少なく5羽。クサシギも一羽いた。
オスの夏羽は目を見張るような鮮やかさ。写真がないのが残念なぐらい。

初めてムナグロを見たのは海岸沿いの干潟だったので、
海のない埼玉県に住むようになって、初めてムナグロを見たときは驚いた。
今ではムナグロを見ることがゴールデンウィークの行事である。

秋の渡りの時期に見かけたことはまだない。
春と秋では渡りのルートが違うのだろうか。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です