コサギが減り、ダイサギが増えている?

サギのコロニーについて調べていて、以下のページで

http://fukaya.j-eagle.com/?page_id=1492

コサギが減り、ダイサギを増えているということを知った。

言われてみれば、近年はよくダイサギを見る。

10年以上前はダイサギは珍しく、見れたらうれしい鳥の一つだった。

私の鳥見データ(バードウォッチング記録)を調べてみた。

 A地点(遊水地、普段は浅い沼という感じ)
 B地点(水田地帯、ところどころに少し畑がある)
 C地点(川原、少し奥まった所にある森を主に観察しているのでサギ類はあまりみかけない)
 AとC地点はさいたま市岩槻区、B地点は春日部市

A地点の鳥見データからサギ4種を年別にピックアップした。

バードウォッチングに出かけた回数が年によって違いがありすぎるので、
2007~2011年までの5年間とそれ以降の6年余で区分けしてみた。

2012年以降、コサギの確認回数は激減し、
ダイサギは増えている。確認率にしてみた。

3地点の確認率を並べてみる。

A地点ほど顕著ではないが、B地点でも同じ傾向が見られる。
C地点はアオサギだけ確認回数が増え、コサギもダイサギも減っている。

C地点でのバードウォッチングは近年、森の中での観察に時間をかけており、川原を歩く時間が減っている。

このような状況なので、サギの確認率が下がるのは当然だが、
コサギの確認率はダイサギ、チュウサギをも下回っており
コサギが減少していることは十分に示している。

ABC3地点のデータから、
コサギが減り、ダイサギが増えていることは検証できた。

ではなぜ、コサギは減り、ダイサギは増えたのだろうか。

コサギとダイサギの餌場は同じなので、からだが大きいダイサギがより多く餌を獲得できるからだろうか。
何とも言えない。もっと考えてみよう。

    ツバメ vs カラス

    道路を歩いていると甲高いというか、

    いつもよりペースの早いツバメの鳴き声が聞こえたので、

    そちらを見ると、一羽のカラスと追いかけるツバメが見えた。

    少し後ろ上空にはもう一羽ツバメが続いている。

    ツバメの夫婦がカラスを追っていた。

    ツバメは数を増やし6羽になったが、カラスは飛び続け、

    やがて電柱に止まって、辺りは静かになった。

    おそらく、カラスがツバメ夫婦の巣で悪事をしようとして、親鳥に発見されたのであろう。

    カラスは口には何もくわえていなかったので、悪事は未遂に終わったのだと思いたい。

    カラスのからだはツバメよりも7,8倍も大きいように思う。

    自分の子、仲間の子を守るために

    巨大な敵に向かっていくツバメの勇気に恐れ入った。

      サギのコロニーだった。

      昨日見つけたサギのコロニーらしき場所に再度、出かけてみた。

      アオサギもいて、巣の数も10個近かった。

      抱卵中の親鳥もいるし、ずっと小さな鳴き声がするので観察を続けていたら、孵化しているヒナも確認できた。

      ちなみに以前にもサギのコロニーを観察したことがあります。
      そのコロニーはチュウサギ・コサギ・ゴイサギが多数派でダイサギはごく少数。アオサギはゼロ。ピーク時は成鳥の数だけで200羽近くいたように記憶しています。以前、観察したコロニーは今回よりも樹高が低い木々を使用していて、低位置から高位置まで木全体に巣がありました。今回、見つけたコロニーは高い松の木の樹頭部分にだけ巣があります。二つのコロニーの相違点を考えるだけで、楽しくなります。

      今後の観察情報はツイッターを使って、こちらで報告します。
      http://ikimono-data.org/

        サギのコロニー?

        林の中を歩いていて頭の上、樹木のてっぺん当たりにシラサギが止まっているのに気付いた。目の周りが薄い緑だったので、間違いなくダイサギ。サギを下から見るのは珍しいと思いながら見ていると、空中を舞っているサギもいた。

        一旦、森から出てサギのいたところを見直すと、下の地面や低木の葉が一様に白っぽくなっている。何でだろうと思いながら、再度、森の中に入り、上空を見上げてみた。

        松の木が数本群生していて、それらの樹頭に近い部分に6羽のダイサギが止まっていた。下から見ると小枝が固まっていて巣のようにも見える箇所が5か所あり、ちょうど一羽が小枝をくわえたまま飛んで来て枝に止まった。

        結局、確認できたのはダイサギ8羽。他の種類はいない。規模は小さいがコロニーのようだ。まだ、産卵は行われていないよう。下が白っぽくなっているのはサギのふんのせい。数年前にこの林の上空をダイサギ4,5羽が飛んでいるのを見て、何でダイサギが群れて飛んでいるのだろうと不思議に思ったことも思い出した。毎年、ここで子育てをしているのかもしれない。

        これから定期的に足を運んで様子を見てみよう。サギのコロニーというと数十羽、数百羽のサギがいるようなイメージだが、十羽に満たないようなコロニーもあるのだろうか。

          バードヒアリング?

          まだ、若葉らしい色合いだが、木々の葉は鳥の姿を隠すには十分な大きさに成長している。

          こうなると、鳥を探すのに役立つのは目よりも耳である。

          シジュウカラ、キジ、ヒバリ、オオヨシキリ、カワラヒワ、コゲラ、カイツブリ、ヒヨドリ、

          種類が分からぬ鳴き声もあった。

          ホオジロは木のてっぺんに止まっていたので先に姿を確認できた。

          キビタキを見たかったのだが、お目当ては現れず!。

            カッコーを待つ

            オオヨシキリが叫ぶように鳴き、
            オナガの姿もよく見かけるようになった。
            モズはいつもいる。

            托卵相手には不自由しないと思う。
            カッコーはやってくるか?。

            我が家は住宅地にあるが、
            鳴き声が聞こえることはあったし、
            隣の家のアンテナに止まっているのを見たこともある。

            ただ、ここ何年かは姿も声も確認していない。
            今年は鳴き声だけでも聞きたい。

              GWはムナグロと共に

              ゴールデンウィークは毎年、ムナグロを見に出かける。
              空振りもよくある。

              連休の前半よりも後半に見ることの方が多い。
              広々とした水田地帯よりも、森や林に囲まれた狭い水田、道路に近い水田で見かけることが多い。

              今年も5月5日にいつもの場所で見た。数は少なく5羽。クサシギも一羽いた。
              オスの夏羽は目を見張るような鮮やかさ。写真がないのが残念なぐらい。

              初めてムナグロを見たのは海岸沿いの干潟だったので、
              海のない埼玉県に住むようになって、初めてムナグロを見たときは驚いた。
              今ではムナグロを見ることがゴールデンウィークの行事である。

              秋の渡りの時期に見かけたことはまだない。
              春と秋では渡りのルートが違うのだろうか。

                オナガ考

                今年の1月にオナガの群れを見た。30~40羽ぐらい。こんなに大きい群れは初めてだと思う。オナガはいつも決まってみれるわけではない。普段はどこにいるのだろうと気になる。それ以来、オナガを見ていない。謎は深まる。

                などと書いたら、4月末の連休に3日続けてオナガを見た。最初の日は林の中で見たので、もしかして巣作りでもしているのだろうかと思ったが、確認できなかった。

                5月の連休中もほぼ毎日、姿を見かけた。

                  チュウサギとコチドリ

                  水を張っていない田んぼの方が張っている田んぼよりもまだ多い、

                  そんな感じの季節になった。

                  水田にシラサギを見かけ、双眼鏡で確認すると2羽がチュウサギだった。

                  ピピッという声とともに飛んで来た小鳥を視界に入れると

                  コチドリだった。

                  しばらく待ったが一羽しか現れなかった。

                    シロハラ

                    シロハラとツグミを各2羽見た。シロハラはホッピングではなく足を交互に動かして歩いていた。これからシベリアまで帰るのか。凄いなと思う。